自慢の歌声を仕事にする

歌が上手で将来は歌手を目指している、という人は自分の特技を活かせるようなアルバイトを探してみてはいかがでしょうか。
その中でも、最もおすすめするアルバイトは、仮歌というお仕事になります。
仮歌とは、プロの作曲家が作った音楽に、仮に入れる歌の事です。
主に、事務所に売り込むためのデモ音源を作る為に仮歌を入れたりします。
また、その他にも、コンペに使うデモ音源に入れたり、新曲を歌うアーティストが、レコーディングをする前に、ガイドとして入れる仮歌もあります。
ともあれ、自分が最も大好きな歌を仕事にする事が出来る訳ですから、ものすごく嬉しいですよね。
仮歌のアルバイトは、主にエキストラスタッフなどを募集している会社で募集をしている事が多く、求人情報をチェックしてみると、意外と沢山の会社が募集をしています。
たとえ最初は仮歌だとしても、大手の芸能プロダクションの担当者に、自分の歌声を聴いてもらう事が出来るチャンスなのですから、これを活かさない手はありません。
もしかしたら、仮歌のアルバイトをする事で、願ってもいない所からメジャーデビューの話を頂ける可能性もあるかも知れません。
ですので、将来は歌手になりたいと思っている人が、アルバイトをするのであれば、少しでも自分の歌声を活かすことが出来るアルバイトを探してみましょう。
決して安定した仕事量があるとは言えませんが、Wワークなどにも適しているアルバイトですし、時給も高めですので、大変おすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です