アーカイブ

更新情報

2014-04-30
美容面でのアプローチの情報を更新しました。
2014-03-19
ダイエット制限食には気にせず食べられるものがあるを新規投稿しました。
2014-03-19
効率的にダイエットの情報を更新しました。
2014-03-19
楽するダイエットでも良いの情報を更新しました。
2014-03-13
臭気を我慢できれば効果的な酵母ダイエットを新規投稿しました。

ダイエット制限食には気にせず食べられるものがある

ダイエットを続けているとストレスが溜まり、何かのきっかけで制限していた分を食べてしまい、結果としてリバウンドするほど食べ続けてしまうことがあります。

痩せようと努力していると精神的にストレスを感じるのですが、これは自分の精神力が弱くて制限していた分を食べてしまったのではありません。

生命を維持しようと本能が「食べろ」指示し、自分の意思とは違うところで脳が指令を出してしまった結果なのです。

つまり厳しいダイエットを行うことで、より多くのストレスを感じて、リタイヤすることになるのです。

ストレスを感じなければ気持ちよくダイエットが続けられ、目標体重まで気楽に続けられ、しかもダイエット後にリバウンドの心配も無くなります。

ストレスを感じないようにするためには、肥満原因となる食材を全部止めるような絶食型は止めた方が良いでしょう。

実はダイエット中には食事制限をしている、スイーツや肉類を食べたくなることが多いようです。炭水化物である糖分は脂肪に変化する食材ではありますが、大量に食べなければ問題はありません。

バターや油などの油脂製品を使っていないものを選べば、日常生活の中で気にすることは無いはずです。

それよりもポテトチップスのような油で揚げたスナック菓子の方が大敵なのです。

食事制限なしでダイエットしたいならダイエットサプリがオススメです。

daiettosapuri.com

炭水化物ダイエットの効果とは?

炭水化物とはコメや小麦などの穀物でできた食品や砂糖などの糖質を言います。

ご飯や砂糖などは文字を見ただけで肥満の原因物質と思われるかもしれませんが、実際には炭水化物とタンパク質とで三大栄養素と呼ばれているため、炭水化物を制限して不足すると思考力の低下につながり、身体にとって良い状態とは言えないことになります。

一方で摂りすぎると肥満や糖尿病の原因となるため、適度な摂取が必要な食品でもあります。

その炭水化物を少なく摂ることでダイエットするのが低炭水化物ダイエットです。

すでに糖尿病患者が行っていますので、実績については何の問題もありませんが、ダイエットと共に適度な運動を心がけることが必要です。

最初は散歩から始め、いずれ軽いジョギングまでこなし、水泳などの全身運動をしながら炭水化物を抑制した食事制限をすれば、確実にダイエット効果がみられます。

ただし、低血糖になる場合があるため急激な食事制限に激しい運動を行うと意識を失う危険がありますので、適度なダイエットが長続きし効果的に痩せることができるようになります。

また低炭水化物ダイエットの場合には、炭水化物の摂取制限と同じくらい、塩分を抑えた薄味の食事やバランスの良い品数が必要だと言われています。

ページ上に戻る